宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 資格取得後のみちしるべ > 宅建資格と好相性〔ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー+宅建

はじめて学ぶファイナンシャルプランナー 〔姉妹サイト〕

不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う
事務所に欠かせない存在が、宅地建物取引主任者です。

事務所の従業者5名に1名以上の割合で専任の
宅建主任者をおくことが、法律で義務づけられています。

また、不動産の取引の際に、顧客に対し重要事項の説明をしたり
契約書に記名・押印することは宅建主任者が行わなければなりません。

ライフプランにおいて不動産は非常に大きなウェイトをしめます。

購入や買い替えには長期的な資金計画が必要になってきます!
また不動産の購入は必然的に相続が影響してきます。

今後この物件の評価がどうなるか?
将来的に贈与をしていくのか?

また不動産賃貸業を行う場合も出てきます。
こういったとき、宅建以外にFPを所有していれば
不動産の売買だけでなく、総合的なコンサルができちゃいます!


スポンサードリンク