宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習効果アップのテクニック > マインドマップ

マインドマップで宅建学習

マインド・マップとは一枚の白紙に 地図のようにノートをとるテクニックです。
マインド・マップはフォトリーディングの あとに行う記憶の活性化に役立ちます。
また短時間の復習にも効果的です。
一般的なノートというのは上から順に箇条書きしていきますが 、
マインド・マップは中心となる概念を真ん中に書き、
そこから木の枝のようにキーワードをくっつけていくと いうものです。

マインド・マップの具体的な書き方

@ページの中央に中心となる概念を書きます。
A中央から放射線状に広がるの上に、補助概念を書いていきます。
B補助概念を書くときは、文章でなくキーワードで書きます。
C適当なところにイラストを描いたり、分野ごと色分けします。

大雑把にまとめると、以上の流れで書きます。

マインド・マップは一枚にまとめるので、一目見ただけで
単元の流れや重要なキーワードをつかむ事ができます。

このテクニックは本をまとめるだけでなく、
論文、議事録、プレゼン、構想を練る時、などなど様々な場面で応用できます。

連想するキーワードを次々とつなげていくだけなので、誰でも簡単にできます。

最近発見したFreeMindというソフトをつかってマインド・マップ書いてみました。

普段マインドマップはいつも手で書いているので、
もっとカラフルで図表も沢山入っています。
このマインド・マップは未完成なものだと考えてください。
自分で書くことに意味があるんですよ〜

→『基礎法学のMindMap』

海外のソフトなので使い方がわかりにくいかも^^;

図表が入って綺麗で、プレゼンでも使えるマインドマップソフトが使いたいという方は、
日本で一番有名なマインドマップ作成ソフトがあります。
無料ダウンロードもできるので、試しに使ってみてはどうですか?

↓本格的で綺麗なマインドマップをPCで作りたい方におすすめ!↓


スポンサードリンク