宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 税理士試験の簡単なまとめ

税理士の資格試験について教えて!

税理士資格試験のはじめて学ぶ税理士試験

税理士は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の独占業務をもつ
税金・会計業務のスペシャリストです。

税理士と会計士の違い

税理士と公認会計士の違いは分かりにくいのですが、税理士は「税務の専門」、公認会計士は「会計監査の専門」という違いがあります。
(公認会計士は税理士にもなれます。)

会計監査というのは、企業の公表する財務諸表が正しいかどうかをチェックする事です。
税理士は、税金のプロ。税金の手続きや申告、財務諸表を作る立場になります。

試験の内容も、税理士は税法中心なのに対し、公認会計士はさらに監査論、企業法、経営、経済まで幅広く学びます。

さらに、公認会計士は税理士となる資格を有します。
税理士と公認会計士を兼務するかどうかは人それぞれです。
実際に、公認会計士でも中小企業を中心に顧客をもっている方もいます。

とはいえ、試験の内容からも税務のプロフェッショナルと言えばやはり税理士といえます。

税理士試験は選択科目制

税理士試験の特徴として、全11科目の試験科目のうち5科目合格すれば税理士試験に合格できます。

試験科目のうち「簿記論」「財務諸表論」は必須科目なので、必ず勉強しなければなりませんが、他は選択科目となっているので、自分の得意なものを選択する事も可能です。

しかも、1科目合格すればその科目は一生有効なので、同時に5科目合格する必要はありません。毎年1科目合格して、5年かけても良いのです。期間は関係なく5科目合格すればよいのが税理士試験の特徴です。

会計科目 簿記論 必須科目 2科目必須
財務諸表論
税法科目 所得税法 選択必須科目 どちらか1科目、または両方選択してもよい
法人税法
相続税法 選択科目 ・選択必須科目を1科目選択した場合は2科目
・選択必須科目を2科目選択した場合は1科目
消費税法
酒税法
国税徴収法
固定資産税
事業税
住民税

※計5科目合格で、税理士試験合格となる。

税理士資格試験のはじめて学ぶ税理士試験


スポンサードリンク