宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 社労士試験の簡単なまとめ

社会保険労務士の資格試験について教えて!

社労士資格試験のはじめて学ぶ社会保険労務士

人事・労務・年金のプロフェッショナルが社会保険労務士(社労士)です。
各種社会保険に関する提出書類の作成や書類提出の代行などの業務を行います。
社会保険や労働に関しての法律は複雑で、社労士の知識は多くの会社で評価されます。

社会保険労務士はどんな人が目指してる?

社会保険労務士試験受験生は20代・30代が約半数を占めます
行政書士と比べると比較的女性の受験生が多いです。

社労士は、会社の人事・総務に就職するという方法もあれば
独立開業する事も可能な資格です。
最近は社会保険庁の問題で、不透明な社会保障に不満がある人も多く、
自分でしっかりとした知識をつけておきたいという人もいるかもしれません。

次に代表的な仕事を紹介します。

社労士の仕事はどういうもの?

社労士の仕事は「社会保険労務士法」の第1条、第2条で定められています。業務を大きく簡単に分類すると 1:書類作成 2:提出代行手続き 3:コンサル業
となっています。

年金の相談や手続きの相談は、個人的に市の社会保険事務所に聞いても教えてくれるという事もあり。開業している社会保険労務士の仕事で中心とされているのは、社会保険・労働保険の加入手続きや厚生年金保険の月額算定基礎届け、月額変更届け、などの事務手続きの代行です。

代表的な業務

代理・代行 ●労働基準法、労働者災害補償
  保険法、雇用保険法、 健康保
  険法、厚生年金保険法、国民年
  金法、介護保険法などの申請書
  等の提出
●休業補償、出産育児一時金、出産
  手当金、傷病手当金などの請求
●労働保険、社会保険の加入・脱退、
  給付金、助成金などの請求
書類作成 労働者名簿、賃金台帳、就業規則、
賃金・退職金規程など
相談指導 賃金、退職金、労働時間、福利厚生、年金、採用、人事、賞与、解雇、定年、教育訓練、能力開発、安全衛生管理、個別労働関係紛争の事前防止や解決、紛争調整委員会におけるあっせん代理、労務診断など

社労士試験のデータ

受験資格? 短大・高等専門学校卒業以上,行政書士有資格者など
試験日程? 8月の第4日曜日
合格発表? 11月中旬頃
学習期間目安 1年以上
試験機関 社会保険労務士試験センター
〒103−8347
東京都中央区日本橋本石町3−2−12社会保険労務士会5階  TEL:0120-17-4864
ホームページ: http://www.sharosi-siken.or.jp/

社会保険労務士試験科目 @労働基準法および労働安全衛生法 A労働者災害補償保険法 B雇用保険法 C労働保険の保険料の徴収等に関する法律 D健康保険法 E国民年金法 F厚生年金保険法 G労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識

社会保険労務士資格試験のはじめて学ぶ社会保険労務士


スポンサードリンク